【2018年最新】ビックギフトへの口コミ評判は本当なのか


クレジットカード現金化業者の平均的な換金率は70%前後が定番のようです。
そんな中でビックギフトという業者は80%以上の換金率を誇り、サイト記載内容にも嘘や偽り・間際らしい表現などが一切ない、「実質業界最高レベルの換金率」で利用者からの評判も高い業者として有名でした!
しかし、2018年ごろよりインターネット上でのビックギフトの口コミや評判・評価に関して検索してみると、ネガティブな情報が目につくようになり、悪評高い業者としてのレッテルが張られているようです!
評判が良かったビックギフトへのネガティブな情報は果たして信用できる情報なのか、徹底的に検証してみたいと思います。

ビックギフトの現金化方法は「口コミや評判」で言われるような危険な方法なの?

ビックギフトはの現金化システムは買取方式です。 買取方式の現金化業者の中でパイオニア的な老舗の業者であり、様々な負の理由で短い周期で店舗名...

ビックギフトは現金化方法は買取方式と呼ばれる方法で営業を行う業者です!
買取方式を簡単に説明すると、業者指定商品を申込者がクレジットカードで購入を行い、その商品を業者が現金買取するシンプル方法です!
主にAmazonギフト券や家電製品などを買い取る形が主流であり、その「買取る」と言う手続き自体は町の質屋やチケットショップ、リサイクル店と違いが無いため、法律上でも限りなく安全な方法と判断できます。
事実!この買取方式で営業を行う現金化業者の摘発事例はキャッシュバック方式の業者とは違いありません。
(※買取方式の業者が脱税での摘発事例はあるようですが、営業内容が理由での摘発はありません)

Amazonギフト券の買取の場合も多くの場合は即日受け取り可能な「Eメールタイプ」が主流であり、この「Eメールタイプ」のギフト券はクレジットカードでしか購入することが出来ません!
一部のクレジットカード現金化業者を評価するサイトでは「Amazonギフト券をクレジットカードで購入すると危険」等と書かれていたり、一部の口コミ情報で「利用停止になった」などの書き込みを目にすることがありますが、これらの情報は虚偽の内容であり、情報操作の為の書き込みでしょう!
上記のような事実があるのならばAmazon自体がクレジットカードでの購入を先ず変更する、又は購入自体クレジットカード会社が認めず決済が出来ません!
決済がされない=売り上げがないため、販売自体が取りやめになります。

このように買取方式が危険と判断出来る根拠がなく、一般的な法律の解釈から考えれば、ビックギフトの現金化方法は「口コミや評判」で言われるような危険な方法とは言えないのではないでしょうか。

換金率はサイト表記と違いがあるの?

ビックギフトのサイト内に記載されている換金率は80%~82%となっています。 インターネット上のよく見る多くのクレジットカード現金化業は換金率90%以上をサイト内に記載している中、この80%台は物足りない換金率に見えてしまいます。その状況下でビックギフトは「業界最高換金率でのお振込み」との記載までしていますが、この記載内容は単に大げさな記載なのかを調べてみるとクレジットカード現金化業界全体の換金率(還元率)への見解が見えてきました。

ビックギフトの換金率は1万~29万までが80%、30万以上が82%となっていますが、ネット上の一部の情報や口コミを見ると「実際は75%だった」などと書かれている記事もあります!
この内容が事実ならば「嘘や偽り・間際らしい表現などが一切ない」という今までの評判とは違う事実となります。
細かくインターネット上の情報を調べてみると、この換金率に関しての情報は幾つかあり、基本ビックギフトに否定的な記事を書いているサイトだけを確認してみると2つに分かれるようで、
⓵「ビックギフトの換金率は表記通りだが他店の方が高い」
⓶「ビックギフトの換金率は偽りで実際は低い換金率」
否定的なサイトですら2通りの内容があること自体、不思議でその違いや何を根拠に書かれた内容なのか気になるところですが、当方で調べた検証結果を述べると、実際に換金率は80%~82%で間違いなく、10万円で申し込みをおこない8万円が間違いなく振り込まれました!
もちろん初回のみでなく2回目・3回目の利用でも変動はなく、記載内容に偽りはありませんでした。
今回、当方では申し込みまで行い検証しましたが、現金化業者を探している方が事実を調べる場合には電話で問い合わせすればすぐ判明します。(今では携帯電話で通話録音も簡単にできるため、全く嘘の返答をする業者は殆ど存在しません)、否定的な記事や口コミには「電話連絡すらしてはいけない」などと書かれているものもあるため、自身で検証せずにその内容を信じてしまう人達も多いのだとも思います

ビックギフトは手数料引かれるの?

クレジットカード現金化業者の多くがサイト内には換金率90%以上で表記をしていますが、実際に振り込まれる金額を計算してみると60%~70%台となります。 その理由が換金率(還元率)とは別に、「決済手数料」や「消費税」などの名目で後から差し引かれる金額があるからです。 利用者にとっては全く理解できない手数料ですがその背景にはどのような理由がるのでしょう。

「換金率が記載内容と違うの?」と同じような実際の振込み金額に関わる内容となりますが、換金率とは別に「後から手数料が引かれる」旨の口コミや情報も目にします!
実際こちらの内容も当方の検証結果ではそのようなことはありませんでした
「後から手数料が引かれる」などの口コミなどが何を調査して書かれたものかは不明ですが、事実とは無根のようです。
ただしビックギフトのサイト内にも記載されていますが5万円以下の申し込みの場合には振込手数料として500円が差し引かれます!
こちらの説明も事前に説明はされ、サイト内に記載もあるため、「サイト記載内容に偽りがある」形ではありません。
ただし、短期間で5万円以下で何度も利用するのはやはりもったいないので一度に5万円以上で申し込みは行った方が徳でしょう。

クレジットカードも見せなくてはいけないの?

クレジットカード現金化業者に申し込みを行う場合にはカードローンや銀行ローンのような申し込み審査はありません。 審査はありませんが申込者本人の確認はあり、その際に身分証明書と共にクレジットカードの写しを現金化業者に提出しないといけない場合があります。 提出することに不安も感じるこの作業に意味合いや理由はあるのでしょうか?

ビックギフトは身分証明書を提出する際に「クレジットカードを提出する必要があり、そのカードを使い不正に利用する可能性が有る」との記事や口コミも存在しています。
こちらの内容も検証結果から「不正に利用される可能性が有る」は事実ではないでしょう。
その理由はクレジットカードの提出は「不正利用防止」と言う事で写真に撮影して送らなければいけませんが、その際、カード番号の一部やセキュリティーコードは隠す形で撮影したものを送る為です。
また、現状のクレジットカード現金化業者の多くはクレジットカードを全ての番号を見せる形で撮影した物を送る必要がある業者が主流であり、それらの業者と比べても一部を隠す形で撮影した物を送るビックギフトは、むしろ安心できる形で本人確認を行う業者になります。
また、まったくクレジットカードの確認を行わない業者も一部存在しますが、クレジットカードの盗難やスキミングによる犯罪が多発している現在で、申込者本人のクレジットカードなのかを確認しない業者は、それなりにグレーな理由を持っている可能性があるため、利用は避けるべきとも思います。

入金までに時間がかかる?

インターネット上で検索されるビックギフトに否定的なサイトでは、振込までに「2日もかかった」などの口コミや調査結果が書き込まれています。 また、多く見られる現金化業者のサイトでは「お振込み3分」など、本当だった場合には、カップラーメンの出来上がり時間と同等のスピードを誇る業者も存在しているため、これらの業者と比べると大変遅い振込みまでの時間となってしまいます。

ビックギフトの入金までの時間が非常に遅く「申込から実際に入金されるまでに2~3日かかる」などの情報も目にしますが、こちらに関しては大げさな表現にされているとの検証結果でした
実際には、ビックギフトの指定金融機関をお持ちの場合は即日入金されます。
ただし初回利用の場合には申込金額がによって差がありますが、振込までに2時間ほどかかる事もあります。
また、ビックギフト指定の金融機関の口座をお持ちでない場合には15時以降は翌日の振込み予約になる為、地方銀行などを振込先に指定される方にとっては遅く感じると思います。(地方銀行の場合はどの業者も同じではありますが)
また、「振込されなかった」などの口コミも見かけますが、こちらの情報は全くのでたらめであり、今の時代に振込みを行わないような行為をしている業者が独自ドメインで銀行口座まで準備し、営業を続けることは不可能です。
ここまででたらめの口コミを堂々と記載し続けるサイトはかなり悪質なサイトと思えるため、他の記事や広告されている現金化業者自体にも警戒が必要です。

ステマサイトで高評価しているの?

ステマサイトと言う言葉自体がインターネット上で営業を行う業種に対して適切かは疑問ではありますが、こちらに関してはビックギフトが広告業者にお願いして、自らの店舗を高評価にしているサイトが複数あることに間違いはないでしょう。
そして付け加えるならばクレジットカード現金化業者の場合、100%全ての業者がこのステマでの広告を行っています!
100%現金化業者が関係している広告サイトや口コミの中で、何処まで本当の内容が書かれているのかを判断することは難しい事ですが、最低限の判断基準として、自社を良く評価する事はともかく、他業者への評価を書く際に、汚い言葉や表現を多用しているようなサイトは避けたほうがいいと思います。
また、そういったサイトや口コミに書かれている内容は、良い内容も悪い内容も事実とはかけ離れた虚偽内容しか書かれていないことが多く、そういった行為を行うこと自体に現金化業者特有の理由があります。

クレジットカード現金化業者の店舗名で評判を検索すると多くの口コミや調査サイトを目にすることが出来ます。 ビックギフトに関しても多くに口コミサイトなどを目にすることが出来ますが、実際にそれらのサイト情報は信用できる物なのでしょうか?

ビックギフトも自身で運営している口コミサイトなども存在しているのでしょうが、その多くは決して醜い言葉などを使用して情報操作を行っているようなサイトはなく、あくまで真実のみを記載しているサイトだと思います。

結局のところビックギフトは優良な店舗なの?

クレジットカード現金化を専門に行う業者は近年増え続け、現在で一体いくつの業者が営業を行っているかは分かり兼ねてしまうほどです。 インターネットの普及により、実店舗を構えなくても全国規模で営業が出来るようになった今では良い業者から悪い業者まで区別がつかない状況である中、ビックギフトは特別な存在と言えるのではないのでしょうか。

肝心の検証結果としてビックギフトは、数あるクレジットカード現金化業者の中では安全かつ安心して利用できる優良な店舗であると判断できます。
過大広告や手続きとしての怪しい行動、サイト表記と違う理不尽な理由や言い訳、必要ない情報の提示などを行わない業者であり、実質的には業界最高峰の換金率であることなどからクレジットカード現金化と言う特殊な業種の中では、まともな営業方針の業者だと言えます。
言い換えれば一般的な業種に置き換えると、ごく当たり前の普通の事を行っている業者ではありますが、他の現金化業者がビックギフトレベルのまともな営業方針でないため、クレジットカード現金化業界の中では優良店と断言できます!
まともな営業方針ゆえに、それをよく思わない他の現金化業者から事実とは異なる誹謗中傷も多いのも事実で、その情報を信じてしまう方にとっては電話での問合せすらしない対象となってしまいがちですが、一度問合せを行ってみると、その良さがわかると思います。
ビックギフトは安心安全優良店