現金化業者にクレジットカードの写真・コピーを送る理由はあるのかな

クレジットカード現金化業者に申し込みを行う場合にはカードローンや銀行ローンのような申し込み審査はありません。
審査はありませんが申込者本人の確認はあり、その際に身分証明書と共にクレジットカードの写しを現金化業者に提出しないといけない場合があります。
提出することに不安も感じるこの作業に意味合いや理由はあるのでしょうか?
クレジットカードの写しは必要

クレジットカードの写しを送る必要はあるの?

クレジットカード現金化業者にカードの写しを現金化業者に送る理由は大きく分けて2つあります。
1つ目はクレジットカードの不正利用を防止する目的で、身分証明書とセットで業者側が確認する作業を行う事で申込者本人のクレジットカードなのかを確認するためです。
この確認の為に写しを送る必要がある場合、優良な店舗ではクレジットカードの全ての情報を写すのではなく、一部を隠す形で送るよう伝えられます(特に業者としては必要のない、カード裏面のセキュリティコードは確実に隠すように伝えられます)
昔からある事ですが、スキミングや盗難などのクレジットカードを使用した犯罪があることから現金化業者としてもまともに運営を行っている業者は、犯罪に関わるようなクレジットカードの利用はもちろん認めません。
また、商品を転売する作業が省けるクレジットカード現金化を、不正カードの利用先として狙う者も少なくないため、この本人確認となる作業は必要な作業だと思います。
2つ目に理由はキャッシュバック方式の現金化業者に多く見られますが、クレジット決済を現金化業者が行うためです。
この場合は業者が申込者に代わり決済作業を行うため、クレジットカードの情報は全て見せる形で送らなければなりません。
この2通りの理由がメインとなりますが、1つ目と2つ目では安全面や安心して利用できる店舗かどうかが変わってしまいます。

カードの写しを送って大丈夫なの

もちろん申し込みを行う業者によって大丈夫か、大丈夫ではないかは変わってしまいますが、クレジットカードの情報を全て伝えることは正直なところ安全とは言えないでしょう。
申込者本人のクレジットカードかを確認するのならば、全ての情報を見せる必要はありません。
また、現金化業者が決済作業を行うためにカード情報を全て伝えることは、そのカード所持者以外が決済手続きを行う行為自体が法律的に問題ないのかも疑問があります。

不安です
一度送ってしまったカード情報は業者にずっと保管されます。送った先の業者が換金率(還元率)を後から低くするような業者の場合は、不正な行為を気にしない業者の可能性もある為、勝手にクレジットカードを使用される可能性も捨てきれない不安となります。
たとえ業者自体がしっかり運営している場合でも、勤務スタッフ自体がしっかりした人物ではない場合、悪用を考えてしまうこともありえます。
考え出すと止まらな不正利用の危険性が有る以上は全てのクレジットカード情報を送る行為は避けるべきではないでしょうか。

まったくクレジットカードの本人確認をしない業者は安全なの?

クレジットカードの確認を全く行わない業者も中には存在します。
現金化業者の口コミや説明を行うサイトでも「クレジットカードの写しを遅らせる業者は危険」などの情報もあるため、確認しない業者が良いと判断してしまいそうですが、この確認作業をしないで良い理由を考えると意外と怖い理由が考えられます。
確認不要の理由は
⓵たとえ不正カードを利用された場合にも業者自体が損をすることはない
買取方式での現金化業者の場合、買い取った商品をその日に現金に換えることができるルートがあれば現金化業者自体が損することは無い為、不正なカードでも気にしないのでは?
(Amazonギフト券の場合には不正カードでの購入がAmazonに発覚した時点でギフト券は使用できなくなります)
⓶不正カードでも利用可能な決済システムを持っている
決済代行会社なのか、適当な会社名で短期支払いがされる形でカード加盟店契約をしているのかは不明ですが、不正カードでも決済可能で損をしないシステムを持っている
⓷損した場合でも損害金額を回収する自信がある
組織的な不正カードではなく、夫や親のクレジットカードを内緒で利用したことで、決済が取り消しされた場合には、きっちり利用者から取り立てる自信とネットワークがあるのでは?
(もともと回収や取り立てが得意な方達が経営している可能性もあるのでは・・・)
⓸業者としての経営が好調なので数件ぐらいの損害は気にしない
この場合は唯一、申込者には不安ではない理由ですが、不正カードを組織的に行う人たちに目をつけられた場合には即廃業となってしまいそうです。

⓸番以外の理由はいずれにしても危険な匂いを感じる理由ですね!
正直、真っ当な経営方針の場合、不正なカードでの取引は行わないよう心掛けるため、不正行為を見逃しかねない営業姿勢にはあまり感心できません。
また、偽装カードや盗難カードを専門で現金化していた悪徳業者の逮捕事例もあることを覚えておいてほしいです。