クレジットカード現金化業者の口コミや評価サイトの正体

クレジットカード現金化業者の店舗名で評判を検索すると多くの口コミ評価サイトを目にすることが出来ます。
ビックギフトに関しても多くに口コミサイトなどを目にすることが出来ますが、実際にそれらのサイト情報は信用できる物なのでしょうか?
クレジットカード現金化業者の口コミ

現金化業者自体が自ら作成、運営しているようです

クレジットカード現金化業者への「口コミサイト」や「評価サイト」・「ランキングサイト」など、多くの業者を評価しているサイト達の多くは現金化業者自体が運営しているサイトのようです。
もちろん自身で運営しているサイトのため、自らの店舗は高評価、また多くの現金化業者はグループ業者が存在しているため、同グループの業者は高評価として紹介をしています
口コミも自身で書き込むことやサイトの意図にそぐわない口コミはサイトに載せない(削除する)や同口コミ内で攻撃する(2チャンネルのように)などを行っています。
こちらの作りや内容は運営する現金化業者の質によって様々ですが、中には事実とは異なる、虚偽の内容で自身の業者を高評価していることや、ライバルとなる他業者を虚偽の誹謗中傷で攻撃しているサイトも存在しています。

専門の広告代理店にお金を出して高評価やライバルの悪評を書いてもらうこともあるよ

通常の広告代理店とは違い、元々現金化業者に勤めていた人が経営する代理店や、グレーな業種を専門にネット広告を行っている代理店にお金を払い店舗を高評価してもらうことや、ライバル業者を批判することもあるようです。
この場合も受け持った広告代理店の質により、全くの嘘は書かないよう、表現を濁して高評価や批判的な記事・口コミを書く場合と全くのデタラメナ内容を書く場合があるようです。
グレーな業者専門の代理店の場合、まず売り上げ重視の為、事実にそぐわない内容は書かない(広告しない)などの会社としてのコンプライアンスは低く、依頼があれば虚偽の内容を更に誇張して表現していることも少なくありません。
また、この手の広告代理店はネット検索にも強く、グーグルなどで検索上位に表示させることができるため、普通の人は本当の内容と思ってしまうことが多いでしょう。

まともな口コミや評価サイトと悪質なサイトの見分け方は有るの?

それでは信頼できる「口コミサイト」や「評価サイト」はあるのかと言うと、90%はないと思った方がいいでしょう。
ただ、残り10%の中にはたとえ業者自体やお金を払って広告代理店に頼んだ記事であっても参考と出来るサイトはあります。
見分け方は非常に難しいのですが、例えば実際に調査した内容をそのまま記載している「評価サイト」や「口コミ内容」の場合、評価する業者の偏りがありません。
偏りがないとは、同グループと思われる業者でもそれぞれの特色がある為、同グループ内でも良い業者は高評価をして、悪い業者は低評価にしているようなサイトの事です。
つぎに、口コミにしても調査記事にしても通常使わないような汚い言葉を使用していない(記事タイトルを含め)サイトはまだ通常の感覚がある運営者だと判断が出来るため、全ての内容は信用できなくても一部の情報は真実を記載していることもあります。

※同グループの現金化業者化は多くの場合、口コミサイトなどをいくつか見ると、同じように高評価されている業者が偏っているため、判断が可能です。大抵の場合はそれら高評価される業者たちはすべて同一グループの業者と思ってよいでしょう。また、ホームページに書かれている文言も同じような表現を使用している場合が多いです。

最終的な判断は、電話での問合せが一番です!

「口コミサイト」や「評価サイト」で高評価されている業者が本当に優良店なのかを見分けるためには実際に電話で問合せを行い、実際の換金率(還元率)を確認するしかありません
その際
■申し込みを行い身分証明書を送るまでは正確な率が分からない
■当然のようにサイト記載と違う換金率(還元率)を伝えられる
■曖昧な答えしかしない
等の対応をする現金化業は避けたほうが良いでしょう。
こういった場合には、その実際にはイマイチだった現金化業者を高評価としていた「口コミサイト」や「評価サイト」で、低評価とされている現金化業者に逆に問い合わせを行ってみることも良いと思います。

クレジットカード現金化業者では出る杭は打たれるよう

クレジットカード現金化業者は古くからある業種で、インターネットで簡単に決済までできるようになった近年には、さらに多くの業者が参入しました。
現金化の業界では昔からサイト内に記載の換金率(還元率)は実際の率ではなく、客引きの為に大げさな表記をおこなうことが通常でした。
しかし、10年ほど前から新しく参入した業者の中には、そのような一般的な世界では考えられないルールでの営業方法を嫌う業者も出てきました。
そのような業者は、一般的な利益計算で営業を行い、それ以前の実際には60%~70%前後の換金率(還元率)での営業ではなく、80%以上の換金率(還元率)で、嘘のない記載内容のサイトで、後から手数料をさし引くような行為をしない営業を行うことで、クレジットカード現金化の利用者の中では良い評判で話題となる業者が台頭してきました。
まともな営業で人気がある業者が人気が出てしまうと困ってしまうのが従来通りの「偽りの表記」を当たり前とした経営方針の現金化業者であることは、詳しい説明は必要ないと思います。
その様な状況になった際に従来通りの営業姿勢の業者が行った事は、自らの経営方針を見直すのではなく、邪魔者となる「まともな経営姿勢の現金化業者」を誹謗中傷することで、利用者を離れさせて、自らの虚偽の記載で営業するサイトに引き込むことをしているようです。

不安です

標的とされている現金化業者の悪評を信じると危険な場合もあるよ

ビックギフトはサイト上の記載内容に一切、過大広告や嘘の内容は書いていない、まともな経営方針の現金化業者の一つですが、それゆえにまともな営業方針を嫌う業者からネット上で、真実とは異なる誹謗中傷を受けているようです。
実際に調査することで、ビックギフトのあまり強くない箇所を指摘しているようなサイトは、事実のみを脚色して記載しているていどのため、そのサイトを運営する会社も危険度は少ないと思いますが、事実とは異なる「75%の換金率だった」や、「振込までに3日かかった」、「振込されない」などの記事や口コミを書いているサイトは、全くないことを平気で記載することを何とも思わない、ダークな人達が運営するサイトで、背景に危険な匂いを感じてしまいます。
そういったサイトでおすすめされている現金化業者を利用することは実際には低い換金率になるだけでなく、クレジットカードの不正利用等をされる可能性まで考えられます。